2023.03.13 [更新/お知らせ]
アジア全域版アカデミー賞「第16回アジア・フィルム・アワード」⽇本映画勢が多数受賞︕︕

3月12日(日)夜、香港故宮文化博物館のJockey Club Auditorium(香港)にて、東京国際映画祭(TIFF)が香港国際映画祭、釜山国際映画祭とともに共催するアジア全域版アカデミー賞「第16回アジア・フィルム・アワード(以下AFA)」の授賞式が開催され、日本作品の『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督)が、最優秀作品賞を受賞。本作は編集賞(山崎梓さん)・音楽賞(石橋英子さん)も受賞し、トリプル受賞に輝きました。この他、第35回TIFFのコンペティション部門に選出され、高い評価を受けた『エゴイスト』にて宮沢氷魚さんが最優秀助演男優賞に輝きました。あわせて、先の発表のとおり、俳優・阿部寛さんは、アジア映画界・アジア文化における業績と貢献を称える「Excellence in Asian Cinema Award」の他、当日レッドカーペットを歩いた参加者から選ばれる「AFA X STI ベスト・ドレッサー・アワード」にも選ばれ、授与されました。また、是枝裕和監督が、韓国作品『ベイビー・ブローカー』で最優秀監督賞を受賞しました
 
AFA16

左から:阿部寛さん(Excellence in Asian Cinema Award)、是枝裕和監督(最優秀監督賞『ベイビー・ブローカー』(韓国))、
中央:『ドライブ・マイ・カー』最優秀作品賞(濱口竜介監督)、最優秀編集賞(山崎梓さん)、最優秀音楽賞(石橋英子さん)、西島秀俊さん、岡田将生さん、他
右:宮沢氷魚さん(最優秀助演男優賞『エゴイスト』)
©Asian Film Awards Academy

 
AFAの授賞式は、2020年、2021年と、コロナ禍の2年、オンラインそしてリアルで韓国・釜山で開催してまいりましたが、4年ぶりに香港に戻り、大規模で豪華なレッドカーペットと授賞式を開催。授賞式では、『ドライブ・マイ・カー』の西島秀俊さんと岡田将生さんが、また『エゴイスト』の鈴木亮平さんと宮沢氷魚さんがプレゼンターを務めた他、特別功労賞を受賞したサモ・ハン・キンポーさん、アジア映画貢献賞を受賞したトニー・レオンさんなど、アジア全域よりスターが集まる⼤変華やかな式典となりました。
 
<受賞コメント>
<阿部寛さんコメント全文>(英語でご挨拶:和訳)
「皆さん、こんばんは。Excellence in Asian Cinema Awardの受賞、そして多くの素晴らしい才能を持った方々の一員になれたことを大変光栄に思います。私たちをつなぎ合わせてくれたAFAアカデミーに感謝したいと思います。何十年にもわたる私の俳優としての仕事を認めていただき、感謝しています。昔、子供のころに好きだったアニメの役のオファーを受けたのが、映画の魔法の世界への入り口でした。タイムスリップしてお風呂をデザインできたり、ロマンチックでありながら結婚できなかったり等々、たくさんのキャラクターに挑戦してきました。多くの国で、多くの才能ある人たちと、様々な役柄を演じることは、素晴らしい冒険でした。しかし、その中でも香港は特に私の心に残っています。それは、ここで映画を作った良い思い出があるからです。私の旅を支えてくれたすべての人に、感謝とお礼を言いたいです。懐かしさと感謝の気持ちを込めて、この賞を受け取ります。本当にありがとうございました。」
 
<濱口竜介監督コメント全文>
「大家好(ダージャーハオ)。Thank you very much.(授賞式に香港入境しているスタッフ、キャストを全てステージに呼び込む)ここに来られなかったたくさんのキャスト、スタッフもおります。その人たちの力で、『ドライブ・マイ・カー』という映画が出来上がりました。この場を借りて、その原作、素晴らしい物語を与えていただいた村上春樹さんにも感謝を申し上げます。思っているのは、もちろんプロデューサー、スタッフの力があって出来ているものではあるのですが、特に、私がこの場で称えたいのはキャストです。西島秀俊さん、岡田将生さんに来ていただいていますが、三浦透子さん、霧島れいかさん、パク・ユリムさん、ジン・デヨンさん、アン・フィテさん、ペリー・ディゾン、アジアから本当にたくさんの俳優の皆さんに来ていただいて、皆さんが本当に信じられるような感情というものをスクリーンの中で、撮影現場で見せてくれたから、今こうして、我々こうしていられると思っています。俳優が本当に何かを感じているから、観客も何かを感じることができるんだというシンプルな原則を私自身は信じています。そういうことがこれからも起こせるように、もちろんとてもいい仕事ができたと思ってはいますが、できなかったことにもちゃんとフォーカスをして、またここにいる皆さんと一緒にお仕事ができたらと思っています。そして今、この場にいる皆さまともいつかお仕事する機会があればと思っています。本当にありがとうございます。」
 
<宮沢氷魚さんコメント全文>(英語でご挨拶:和訳)
「皆さん、こんばんは。このような素晴らしい賞をいただき、大変光栄に思っています。スピーチは全部考えていたのですが、忘れてしまいました。(用意した紙が)ポケットの中にあるのですが、出すのはやめておきます。最初に、このような素晴らしい才能を持つ皆さまの前に立つことができて、これ以上ないほど幸せです。そして、この映画を愛し、私たちの愛する映画『エゴイスト』に手を差し伸べてくださった皆さんに感謝します。松永大司監督、主演の鈴木亮平さんにも感謝を伝えたいと思います。この映画は、映画だけでなく、新しい人生の形、人の捉え方、接し方など、様々な扉を開いてくれると信じています。誰もが幸せに、快適に暮らせる日。この映画は、まだ世界中を旅し始めたばかりです。そして、この映画には、私たちの想像を超えて、人々に働きかけるチャンスと力があると信じています。また、ここに戻ってくるのを楽しみにしています。ありがとうございました。」
 
<是枝裕和監督コメント全文>
「困ったな。全く想像していなかったので、何も考えていなくて。ベスト・ドレッサー賞だったらスピーチを考えていたんですけど(笑)サモ・ハン・キンポーさんとか、トニー・レオンさんとか、阿部寛さんと同じ場所にいられるだけで、今回は幸せな時間を過ごしておりました。僕は韓国で楽しい時間を過ごしただけなので、今日一緒に来ている福間美由紀プロデューサーが多分一番大変だったと思います。韓国の素晴らしいスタッフ、キャストと一緒にこの映画を作ることができて、本当に幸せでした。多分これからもこういう国際共同制作のような、文化とか言語を超えた映画作りを続けて行けという激励だと思いますので、頑張っていきたいと思います。ありがとうございます。」
 
<山崎梓さんコメント全文>
「Thank you for a great prize.(素敵な賞をありがとうございます。) とても驚いており、何を言っていいのかわからないのですが、この映画が本当にたくさんの国で上映されていることを今実感していて、とても誇らしい気持ちにまたなっています。ありがとうございました。」
 
<石橋英子さんコメント全文>(英語でご挨拶:和訳)
「本当にありがとうございます。素晴らしい作曲家の方々の中にいることに感謝しています。『ドライブ・マイ・カー』のキャスト、スタッフの皆さんに感謝します。ありがとうございました。」
 
 
第16回アジア・フィルム・アワード 受賞結果一覧(敬称略)
最優秀作品賞:『ドライブ・マイ・カー』(日本)
最優秀監督賞是枝裕和『ベイビー・ブローカー』(韓国)
最優秀新人監督賞:ジグメ・ティンレー『一人と四人』(中国)
最優秀主演男優賞:トニー・レオン『Where the Wind Blows』(香港)
最優秀主演女優賞:タン・ウェイ『別れる決心』(韓国)
最優秀助演男優賞宮沢氷魚エゴイスト』(日本)
最優秀助演女優賞:キム・ソジン『非常宣言』(韓国)
最優秀新人俳優賞:MAK Pui Tung『The Sparring Partner』(香港)
最優秀脚本賞:チョン・ソギョンパク・チャヌク『別れる決心』(韓国)
最優秀編集賞山崎梓『ドライブ・マイ・カー』(日本)
最優秀撮影賞:リュー・ソンイエ『一人と四人』(中国)
最優秀音楽賞石橋英子 『ドライブ・マイ・カー』(日本)
最優秀衣装デザイン賞:Karen YIPドーラ・ン『アニタ』(香港)
最優秀美術賞:リュ・ソンヒ『別れる決心』(韓国)
最優秀視覚効果賞:Chas CHAU, LEUNG Wai Kit, KWOK Tai, LAW May『未来戦記』(香港)
最優秀音響賞:トゥ・ドゥーチーWu Shu-yao『アニタ』(香港)
Excellence in Asian Cinema Award阿部寛
特別功労賞(Lifetime Achievement Award):サモ・ハン・キンポー
アジア映画貢献賞(Asian Film Contribution Award):トニー・レオン
AFA Next Generation Award:チ・チャンウク
 


アジア・フィルム・アワード (主催:アジア・フィルム・アワード・アカデミー) 
afa-academy.com
2007年よりはじまったアジア映画を対象とした映画賞。東京国際映画祭は2013年より、香港国際映画祭、釜山国際映画祭と共にアジア・フィルム・アワード・アカデミーを創設し、アジアの映画業界と連携し、その年のアジアの映画人を表彰しスポットライトを当てることでアジア映画ファンの創出、世界へのアジア映画の振興、文化交流を図っています。


 
日本からのノミネート作品一覧(敬称略)
作品賞ノミネート(受賞):『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介
監督賞ノミネート:濱口竜介 (『ドライブ・マイ・カー』)
※韓国作品として是枝裕和監督の『ベイビー・ブローカー』がノミネート&受賞
新人監督賞ノミネート:早川千絵(『PLAN 75』)
主演男優賞ノミネート:西島秀俊(『ドライブ・マイ・カー』)、鈴木亮平(『エゴイスト』)
主演女優賞ノミネート:倍賞千恵子(『PLAN 75』)
助演男優賞ノミネート(受賞):岡田将生(『ドライブ・マイ・カー』)、宮沢氷魚(『エゴイスト』)(受賞)
助演女優賞ノミネート:安藤サクラ(『ある男』)、河合優実(『PLAN 75』)
脚本賞ノミネート:濱口竜介、大江崇允(『ドライブ・マイ・カー』)
編集賞ノミネート(受賞)山崎梓(『ドライブ・マイ・カー』)
撮影賞ノミネート:浦田秀穂(『PLAN 75』)
音楽賞ノミネート(受賞)石橋英子(『ドライブ・マイ・カー』)
衣装デザイン賞ノミネート:篠塚奈美(『エゴイスト』)
視覚効果賞ノミネート:佐藤敦紀(『シン・ウルトラマン』)
音響賞ノミネート:野村みき、大保達哉(『ドライブ・マイ・カー』)