2023.03.01 [更新/お知らせ]
第16回アジア・フィルム・アワード:アジアのレジェンド俳優サモ・ハン・キンポーさん、特別功労賞を受賞/監督賞等ノミネート、濱口竜介監督、是枝裕和監督、香港で上映会に登壇

俳優サモ・ハン・キンポーさん、特別功労賞を受賞

優サモ・ハン・キンポーさん、特別功労賞を受賞アジア全域版アカデミー賞「第16回アジア・フィルム・アワード」(AFA)は、アジア映画界・アジア文化に大いに貢献し、多大なる影響を与えたアクション映画界のレジェンド俳優、サモ・ハン・キンポーさんに特別功労賞 “Lifetime Achievement Award”を授与することを発表しました。

今回の受賞に際し、サモ・ハン・キンポーさんは、「今でも賞をいただけること、特に私のキャリアを認めてくれる賞をいただけるのは、とても嬉しく、同時に驚いています。」と語っています。同氏は2023年3月12日(日)に香港にて開催される授賞式にも参加予定です。

 
AFA特別功労賞は、アジアの映画界において芸術、文化、商業的に永年にわたり多大なる業績と顕著な実績を残す、極めて優れた映画人を称える賞です。なお、先日発表の通り、俳優・阿部寛さんの「Excellence in Asian Cinema Award」の受賞も決まっており、授賞式にも参加予定です。
 
サモ・ハン・キンポーさんの詳細のご略歴、コメントについては、AFAのウェブサイトをご覧ください。(英語・中国語)
 
AFA16授与式は、3月12日(日)に、香港故宮文化博物館 Jockey Club Auditoriumにて開催され、阿部寛さんをはじめ、日本からも多数の方々の参加が予定されています。
 


 
AFA候補作品の上映会Asian Cineramaに濱口竜介監督、是枝裕和監督が登壇
 
濱口竜介監督、是枝裕和監督が登壇
 
AFAAは、第16回アジア・フィルム・アワード(AFA)のノミネート作品から8作品を、3月10日から3月12日の3日間、授賞式前に香港で特別上映することを発表しました。
 
Asian Cineramaと題した上映会では、作品賞にノミネートされている5作品全てに3つを加えた8作品の上映を予定しており、上映に合わせた上映後のイベントには、日本から濱口竜介監督(『ドライブ・マイ・カー』)と是枝裕和監督(『ベイビー・ブローカー』/韓国作品)をはじめ、フィリピンのラヴ・ディアス監督(『波が去るとき』)や、ダルジャン・オミルバエフ監督(『ある詩人』)等が登壇し、観客と交流します。
 
上映作品
『別れる決心』(韓国)
カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した、魅惑の殺人ミステリー。
『ドライブ・マイ・カー』(日本)
米・アカデミー賞最優秀外国語映画賞を受賞。本年のAFAの8部門でノミネート。
『ある詩人』(カザフスタン)
カザフスタン初の作品賞候補で、第34回東京国際映画祭で最優秀監督賞を受賞。
『Ponniyin Selvan: I』(インド)
世界的に大ヒットしているインドのアクション時代劇。
『波が去るとき』(フィリピン他)
ヴェネチア国際映画祭の正式出品作品。フィリピンの社会派ドラマ。
『ベイビー・ブローカー』(韓国)
是枝裕和監督の初の韓国作品で、第75回カンヌ国際映画祭にて韓国人初の主演男優賞(ソン・ガンホさん)をもたらした作品。
『ナナ』(インドネシア)
ベルリン映画祭コンペティション部門で上映、銀熊賞(最優秀助演賞)を受賞。
『非常宣言』(韓国)
助演男優・女優賞ノミネート作品。ウイルステロの恐怖を描いたパニックスリラー。
 
Asian Cineramaのプログラムに関するオンラインチラシはコチラをご覧ください。(英語・中国語)
 
詳細の日程、作品およびゲストの詳細については、AFAのウェブサイトをご覧ください。
 
AFA

新着ニュース
プレミアムパートナー